家族の断酒体験記

アルコール依存症は回復出来る病気です。
断酒に成功し、健康的な生活を営んでいる多くの体験者の家族の断酒体験記を紹介しています。

  • 介入のカギ

    • ●インターネットでアルコール依存症という病気を知った
    • ●断酒会の会長さんとの電話
    • ●自分のつらさを率直に伝えた
    A・S
    (女性・42歳・主婦)
  • 介入のカギ

    • ●医師が酒の問題をはっきり指摘した
    • ●消化器内科に入院しながら専門病院へ通う治療計画を立てた
    • ●職場の上司が治療を勧めた
    M
    (妻・70歳・主婦)
  • 介入のカギ

    • ●救急隊員が酒の問題を指摘した
    • ●精神科クリニックが専門病院と連絡をとった
    • ●夫より先に断酒会に参加した
    Y
    (妻・49歳・パート)
  • 介入のカギ

    • ●断酒会員の両親に相談した
    • ●夫に絡まれても応戦せず、
      酔いが冷めてから心配していることを伝えた
    • ●耐え切れなくなったとき、
      メモを残して家を出た
    S・S
    (女性・54歳・塾講師)
  • 介入のカギ

    • ●知り合いの看護師が「何とかしないと」と受診を勧めてくれた
    • ●家族がまず病院で相談した
    • ●兄弟でのケンカの後、酒をやめる気になり、断酒会に参加することとなった
    A・A
    (母親・66歳・自営業)
  • 介入のカギ

    • ●依存症に詳しい上司の協力
    • ●「酔ったあなたを見るのは嫌。断酒か別居を選んで」と伝えた
    • ●断酒会の人たちの支え

    H・K
    (妻・54歳)
  • 介入のカギ

    • ●思い切って身内に相談したこと
    • ●家族の前で夫が暴れたこと
    • ●叔母が自助グループの
      メンバーだったこと

    (妻・●歳)
  • 介入のカギ

    • ●母が断酒会につながったこと
    • ●全国大会に出席し、父への
      見方が変わり娘が回復を応援したこと
    • ●それまでやさしかった叔母が入院を迫ったこと


    (娘・37歳)
  • 介入のカギ

    • ●知人に相談してクリニックを紹介された
    • ●娘の体調が悪いときに入院を勧めた
    • ●3回目の入院の前、父親が穏やかに入院を勧め黙々と酒を回収した

    •  

    (母)