簡単!2分でできるアルコール依存症チェックシート

日本では、2種類のテストがよく使われています。ご自身の症状を確認しましょう。

アルコール依存症の早期発見のチェックシートとして、数種類のスクリーニングテストが使われています。
これらのテストはアルコール依存症の疑いがある本人が回答して評価できるように作成されています。現在、日本では新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト(新KAST)などがよく使われています。

ご家族の中にアルコール依存症の疑いのある方がいらっしゃる場合や、ご自身のアルコール依存症の可能性を確かめたい方は、下記のテストによりチェックすることができます。



※これらは、あくまでもスクリーニングに使用するもので、診断基準ではありません。
正確な診断は専門医の診察を受けることが望まれます。